日系企業グローバル化の最大のボトルネックとは

今、多くの日系企業が「グローバル化」を最も重要な経営戦略課題と捉え、推進しています。 経営コンサルティング会社への大手企業からのニーズも、グローバル化についてのことが最も多いニーズとなっています。 これまでは、自分の国で成功した企業が海外で似たような事業の会社を買収するか、新たにゼロから拠点を構える

コラム『企業理念・MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)研修』から見えてくること

東南アジアの優等生と言われるシンガポールにおいて日系企業に勤めている現地採用のシンガポール人スタッフは当然のことながらたくさんいます。そして、彼らは日系企業をかなり冷静に見極めて、良く理解して就業しています。 一方で、日系企業の駐在員は「日系企業に勤めているシンガポール人は日本が好き、あるいは、日本

世界のリアルを学べ〜グローバル人材からイノベーションを〜

日本で「グローバル化」という言葉が頻繁に聞かれるようになって、数年が経ちました。しかし、日本で語られる「ダローバル人材」と、世界で語られる、今必要とされるグローバルで活躍する人材は、違うタイプの人を指す事が多いことをご存じでしょうか。 日本での「グローバル人材」とは日本から飛び出て、海外支社、現地で

コラム『英語ができなくても一目置かれる駐在員』

シンガポールにある日系企業から、自社で長く勤続している現地スタッフたちが派閥を作ってしまい、拠点長である日本人社長としてマネジメントができなくなってしまっているので力を貸してもらえないかとお声かけをいただいたことがあります。 日本人の駐在員たちへのヒアリングによると「現地スタッフたちは、派閥ごとに目

日本企業で外国人社員に活躍してもらうには?

インターネットのQ&Aサイトで、海外駐在が決まったと思われる日本人の若手社員の方が次のような旨の質問をされていました。 「英語ができないのに、海外駐在が決まり現地社員のマネジメントも行わならなければなくなりました。 どのように現地の社員をうまくマネジメントできるようになるか、同じような状況で

研究員募集

グローバルリーダーシップ研究所 beyondでは、グローバル経営におけるリーダーシップ、人と組織などをテーマとする調査や事例研究を行い、記事を執筆する研究員を募集しています。関心をお持ちの方は、是非、下記の要項をご確認いただき、ご応募ください。 条件 「グローバルリーダーシップ」「グローバル経営