HRDグループ代表 韮原氏とbeyond global森田との対談:適材適所のタレントマネジメントで個の資質を最大限に活かす方法 Vol.2

向かって左からHRDグループ代表の韮原光雄氏と、beyond globalグループ代表の森田英一 「グローバル人事における、適材適所を実現する人材マネジメント」をテーマに、職務フィットを科学的に測定できる、米国発祥のアセスメントツールProfileXT®を提供しているHRDグループ代表の韮原光雄氏と

HRDグループ代表 韮原氏とbeyond global森田との対談:適材適所のタレントマネジメントで個の資質を最大限に活かす方法 Vol.1

向かって左からHRDグループ代表の韮原光雄氏と、beyond globalグループ代表の森田英一 【対談によせて】グローバル人材マネジメントにおいて、ジョブ・フィットがどれほど重要であるか? 20年間にわたり、36万人のキャリアを追跡したハーバードビジネスレビューの調査によると、「職務にフィットして

シンガポール最大級の人事フォーラム開催!7月30日(火) 「HR Forum Singapore 2019 ~アジアにおけるこれからの強い日系企業とは~」

グローバル人材マネジメントの最先端情報を共有し、企業の枠を超えて人事課題の本質と未来を討議するHRフォーラム、第1回開催! 来たる7月30日(火)、シンガポールMandarin Oriental Hotelにて、当サイトの運営会社である beyond global Pte. Ltd.と、シンガポ

Are salaries sufficient in retaining your employees?

Employee Engagement as a key factor of success Contents Employee Turnover in Singapore Is the use of money (through salary and bonus increment) sust

大企業でも使えるティール組織のエッセンスとは?

2014年、ベルギー人のフレデリック・ラルー氏が「Reinventing Organizations(組織の再発明)」を出版しました。 和訳版は『ティール組織』(英治出版)として、2018年1月に出版され、ベストセラーとなっています。 フレデリック氏の著書では、組織の発明の歴史を、人の発達段階を組

HRテックを活用するための5つのステップと人事課題

  「HRテック」という言葉をよく耳にするようになりました。 HRテック、HRテクノロジー(HR×テクノロジー)という言葉は20年程前から、米国を中心に存在はしていましたが、徐々に日本にも浸透してきました。 言葉の定義については、例えば『日本の人事部』においては、次のように定義をしていま

管理職研修|90日でリーダーへ育てる具体的アプローチ

管理職経験者が、よりレベルの高い管理職になるための研修とは、90日間を要して、管理職をリーダーの状態へ持っていくことです。 そのために最も効果的なことは 「これからの管理職に必要な役割や行動に対する、現状とのギャップに気づき、自ら変化させる」ことです。 なぜ最も効果的かというと、 研修で学んだこ

「同僚はロボット」RPAによる人事業務自動化と費用対効果

  RPA(Robotics Process Automation)は、決まった事務業務を自動化する技術です。 あなたが、きちんと教えたことは365日24時間、文句も言わずミスなく作業してくれます。 RPAを活用すれば、業務効率化と品質向上を実現することができ、人件費も削減できます。 日

シンガポールにおける組織運営の課題とは?
組織診断から見えるローカル社員の本音

在星日系企業の経営において、ローカル社員(日本からの駐在員以外の現地採用社員)の採用、教育、処遇、組織活性化といった人事領域は、いつも経営者を悩ませるテーマのひとつです。 多様な人種、文化、価値観を持つ人が入り混じるシンガポールでは、シンガポーリアンだけでなく世界中から労働力が集められるため、仕事に

シンガポールにおける賃金決定のポイント

海外現地法人のマネジメントにおいて頭を悩ますテーマの一つに、「ローカル社員の賃金決定」があります。月給や賞与はどのようなルールで決定すれば良いか、ローカル社員は賃金のどの部分に最も関心があるのか、賃金交渉の際に何を説明すれば納得してもらえるか等々。日本と異なる文化を持つ海外では、賃金についても異な